About

*

彩(エイジャ)【2】/スティーリー・ダン




今日のwalking Musicはスティーリー・ダン彩(エイジャ)のTrack03~05のレヴューです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★

03:ディーコン・ブルース
ミディアムテンポのリズムが何とも心地よいナンバー。左右のチャンネルで奏でられているアコギのバッキングストロークが流れるリズムを生み出しています。このギターは、ライナーノーツによるとラリー・カールトンさんかリー・リトナーさん。まあ、何といってもこの2人の名前がクレジットされていることがまず凄い。

でも、この作品をスティーリー・ダンの2人が自ら解説したDVDを観るとこのアコギのプレイヤーをディーン・バークスさんだとドナルド・フェイゲンさんが言っています・・・。

そこでよく聴いてみると・・・この曲で演奏されているギターは3種類。左右のアコギと左チャンネルのクリア・トーンのエレキ。勝手に解釈をすると・・・ラリー・カールトンさんのアコギが左チャンネルで右チャンネルのアコギはディーン・バークスさん。そしてエレキがリー・リトナーさんだと・・・想います。

ラリー・カールトンさんはこの作品では全体を取り仕切るような役割をしていたと言います。ですから、ギタリストとしては少し引いていて裏方的な部分も多かったかと。だから、ほんのり聞こえる左チャンネルのアコギかと。そして、ドナルド・フェイゲンさんがデーンバークスさんと言ったのは印象にたぶん残っていたからかと。そして、右チャンネルのアコギの方がはっきりと聴こえて、さらに曲を牽引しているのでディーンバークスさんかと。そして、一聴ラリー・カールトンさんのようなフレーズにも聴こえますが、意外に共通したフレーズボキャブラリーを持っているのがリー・リトナーさんなのでこのようなプレイもありかと。

さらに、最後の部分のミュートして単音のフレーズはリー・リトナーさんの超得意フレーズ。だからエレキはリー・リトナーさんかと。勝手な推測ですので実際に間違っていましたらご指摘くださいませ。

04:ペグ
問答無用の名曲です。ラリー・カールトンさんがこの曲にインスパイアされて名曲「ルーム335」を創ったのは有名なエピソード。

イントロは、Gmaj7から半音づつベース音が下がっていくコード進行。CD Time=0:06のチャック・レイニーさんのベースが3度の音とベース音を弾いた和音になっていてその味わいは抜群です。

この曲は小節を追っていくと、なかなかつかみ難いところがあります。それは奇数のまとまりを巧みに創っているためです。

その最初のトリップがこのイントロ。キメのブレイクがちょうど7小節めになります。普通、偶数で小節のセンテンスをまとめるのが一応作曲のセオリーなんですが、それをいきなり崩しているわけです。

テーマが入る部分からはブルース形式を持ったコード進行で曲が進みます。しかし、ここにもトリップがあってワンコーラスめは、13小節です。ところが、2コーラスめは12小節になっています。ワンコーラスめの最初の1小節を別のセンテンスと考えるとちょうど12小節のブルース進行になって両コーラスとも同じサイズになります。試しに、頭の中でイントロの後のブレイク部分から歌い始めてみてください。それでも曲として成り立つことがわかりますね。つまり、このワンブレイクを入れてさらに、12小節のセンテンスの終わりの1小節分を頭に持ってきているということなんです。ちょっとわかりにくいですが・・・。このあたりの奇数のセンテンスの使い方が実に見事です。

そして、そのアレンジのためにブルース進行であるにも関わらず言われなければ気がつかないような洗練された形になっていると想うのです。まさに、スティーリー・ダン風モダンブルースですね。

サビに入ると、分厚いコーラスで展開をしながらここでも見事に、最初のブルースコード進行に戻っていきます。

そして、このソロで有名になったジェイ・グレイドンさんのギターソロです。このギターソロの部分もワンコーラスめのテーマと同じですので最初の1小節めを別のセンテンスと考えて12小節のソロサイズとしてまとめるか?それとも13小節のソロサイズとしてまとめるか?この選択で大きく違うアプローチになると想うのですが、ジェイ・グレイドンさんは、どちらかと言うと後者でのアプローチで最初の部分はスチールギターを模したようなハワイアン風のリフで弾き始めます。これは実にうまいアプローチでソロサイズを意識させないようにして且つ、奇数小節の不安定さを感じさせるようなアプローチ。

たくさんのギタリストにソロを弾いてもらった中でジェイ・グレイドンさんのソロを使ったスティーリー・ダンの2人は見事なチョイスだったと想います。

CD Time=2:01からのややアウトなフレーズも曲にあったいい感じですね。再び、テーマからサビ、そしてサビを繰り返しながらジェイ・グレイドンさんのソロが再び入るところでフェードアウトしていきます。

この曲をさらに良いものにしているのがリズム隊。特にベースのチャック・レイニーさんのプレイが肝!です。テーマの部分では、この曲を印象づけているリズムパターンを弾きつつも間に絶妙にアクセントフレーズを挿入しています。これが、単純なリズムにグルーヴ感を与えています。

合わせて、左チャンネルのスティーヴ・カーンさんの短音ミュートのギターも相乗効果で盛り上げていますね。

サビの部分のベースラインはスラップでのプレイ。本人曰くスラップはダメだとスティーリー・ダンの2人に言われていたので2人に見えないように、また気がつかれないようにスラップでプレイをした・・・とか・・・。

サビの部分はコーラスも含めて、キメのリズムを基本的に繰り返して進みます。もちろんバックのギターやエレピも同じです。その中で、ベースラインはアクセントは合わせながらもキメのリズムを崩したスラップでプレイをしています。そのために、テーマから続いているリズムの単調さを消してサビの部分を盛り上げるという効果をもたらしています。このスラップというチョイスがまさに見事!特にエンディングでの繰り返しの部分はまさにスラップが効いている感じです。さらに、スラップも必要最低限の感じで派手派手でなく、さりげなさが残っているプレイであるのがこれまた見事です。

ですから、この曲はベースラインの巧みさが生み出した名曲!と言うこともできると想うのです。まあ、チャック・レイニーさんは、スティーリー・ダンの2人に気付かれないように・・・と言っていますが気がつかないはずはないですよね。スティーリー・ダンの2人がイメージしていたスラップではないベースラインよりも実際に聴いたときのスラッププレイで感じた耳を信じたわけで、そのチョイスというか直感のようなものがたぶん絶妙なんですね、スティーリー・ダンの2人は。

ジェイ・グレイドンさんのソロもたぶんその耳を信じた結果だと想うのです。またこれは逆に名人チャック・レイニーさんの匠の技が2人を納得させたということも言えると想うのです。

とにかくいい曲ですね。無条件に肝!でベストトラックだと個人的には想います。

05:安らぎの家
ミディアムスローでちょっとレゲエ調のリズムを持った曲。

ドラムのバーナード・バーディーさんの3連、バーナードシャッフルはもう唯一無二の強力なビートです。

曲はゆったりとしたビートで進みます。サビに入ると、厚いコーラスがこれまたいい感じです。

間奏を挟んでのソロはシンセ。フレーズはハーモニカ風の感じですが音質を良く聴くと、パット・メセニーさんのギターシンセと似たような音ですね。このシンセソロは、ドナルド・フェイゲンさんのプレイ。

続いてギターソロですがここはウォルター・ベッカーさんのソロ。派手なフレーズではありませんが、味があるプレイで結構好きなソロです。

ちなみに左チャンネルのカッティングはラリー・カールトンさん。ナチュラルにひずんでいるトーンで、こちらも渋い味わいを醸し出しています。

・・・

続きのTrackはまた後日に・・・

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズ・フュージョンへ


 
『彩(エイジャ) スティーリー・ダン』アマゾンで検索

曲名
1. ブラック・カウ
2. 彩(エイジャ)
3. ディーコン・ブルース
4. ペグ
5. 安らぎの家
6. アイ・ガット・ザ・ニュース
7. ジョージー

関連記事

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

PAGE TOP ↑